フォトスタジオ KiPSY

ポートレイト 写真 撮影 ・ 社長 ・ 著者 の撮影なら フォトスタジオ:KiPSY へ

ホーム
会社概要
サイトマップ

究極の肖像写真・KiPSYプラチナコース

フォトスタジオKiPSYで撮影したお客様は、みなさま、自分に対するセルフイメージが上がります。 お仕事に対する誇り、情熱、夢、話をお聞きすればするほど、素晴らしい表情を見せてくださいます。

私は、その瞬間を大事にしています。
撮影後に、ご自分のお写真を見て、お客様が喜んでくださることが、
私たちにとってかけがえのない喜びです。
お客様の名刺や、著書、WEBで、とびきり「いい顔」のあなたが活躍し、ビジネスを成功させている。 そんなイメージを強く持って、誠心誠意、応援させていただきました。

究極の肖像写真・KiPSYプラチナコースとは

究極の肖像写真・KiPSYプラチナコースとは、
そのような「最高の自分のイメージ」を所有する喜びを究極のプリント技法「フレスコ」でお届けします。


撮影は有効画素数世界最高の36.3メガピクセルの超高解像度デジタルカメラで撮影します。


プリントはルネッサンス芸術の結晶「フレスコ」なるフレスコジクレーという技法で仕上げます。
フレスコジクレーとは、デジタル画像データを元にしながら、アナログ的な自然な奥行き感のある画像が得られ、肉眼では殆ど見えないレベルのテクスチャーを持ち、スムースな画像が得られます。


仕上げたプリントは東京都写真美術館やギャラリーご用達で品質の高さに定評のある
P.G.Iのアルミフレームに保存性のよい無酸性のマットボードでオーバーマットでの額装をします。


フレスコは、ミケランジェロやラファエロなど、14~16世紀にイタリアで花開いたルネサンスの芸術家が用いた「漆喰」をベースにした絵画技法であり、壁に漆喰を塗り、その漆喰がまだ「FRESCO(新鮮)」である状態、つまり半硬化の間に水で溶いた顔料で描く技術です。

16世紀前半に描かれたシスティーナ礼拝堂の天井画「最後の審判」などが有名で、
漆喰が硬化する際に顔料を封じ込めるメカニズムのため
約500年経過した現在でも色褪せることなく保存されています。

お客様の声

ブレのない自分自身のビジョンが肖像写真に表れた。

自分の歴史を実感すると人間って強くなります。

仕事は人の繋がりからが多いと思います。
紹介時にHPやフェイスブックなどの写真を見ましたとよく言われます。
お客さんの夢を実現することを意識している仕事ですから、ビジョンに相応しい服装でお客さんに接するよう心掛けています。
しかし、写真はいままでいいものがありませんでした。見たときにその人の歴史を感じてもらえるような、自然でいい写真が欲しかったのです。

自分の歴史を実感すると人間って強くなります。
今挑戦している領域、漠然としている価値を、言葉で説明することを大切にしています。ビジョン、コンセプト(概念)を、写真、デザイン、言葉で表現(実現)することが大切だと思っています。

ビジョン・戦略・実現を繋げることで価値を素早く写真にする。

写真ってある時期のスナップショットですよね。
しかし、優れた写真はお客さんに価値を与えると思います。
我々の目指すエンジニアリングは、在るものを組み立てるだけではなく、無かった価値を描いて、そして創ることだと思います。
機能だけではなく、エンジニアリングにストーリーを感じてもらいたいのです。
良い写真を見て、その人のストーリーを感じてもらえるように!
ビジョン・戦略・実現をできるだけ早く繋げることで価値を素早くカタチにする。

私は、ビジネス方法論や、開発方法論を作成しているメソドロジストという側面を持っているのですが、方法論として論理的に作れば作るほど嘘っぽくなることを感じることがあります。
エンジニアリングが手順的になってしまい、無理無駄が生じるからです。
これを「論理的美の虚像」と私は言っています。
もっと早く状況を察知して、「直感的」にヒトは物事を判断したり、動いたりしているでしょう。
写真を見て、ハッと気づくものがあるように。
善本さんの撮影を見て感じる事は、論理的撮影手法を基に「直感的」にその人の表情を捉えているように思えました。
まさに私の目指しているものとの共通点を感じずにはいられません。
そして、その結果として、価値ある写真を手に入れる事ができ満足しています。

自分がブレないためにも「究極の肖像写真」を撮る。

起業家の肖像写真って単なる記念写真ではなく、ビジョン、コンセプトを感じさせる写真でなければと思います。写真でそのブレがないところを捉える、20年、50年、100年たってもブレのない信念、ビジョンがマッピングされた写真。写真を見るたびに気持ちが湧く、こういう志で会社を作ったと。
振り返り頑張らなきゃと思えるような写真、写真を見て初心に戻ることができます。
自分の活動と繋がる、それが起業家の写真であると思います。

善本さんの撮る肖像写真にはそれを感じます。
経営者もビジネスマンの方も肖像写真に対して、強く意識しているひとは、まだまだ少ないですよね。自分がブレないためにも「究極の肖像写真」を撮って残すことお薦めします。

株式会社 匠BusinessPlace 代表取締役社長 萩本 順三 様
http://www.takumi-businessplace.co.jp/
http://www.facebook.com/?sk=messages&tid=1547603344531

「最高の自分のイメージ」 を所有する喜びをお届けしたい。
大人の男性にぜひとも、ご利用頂きたいコースです。

究極の肖像写真 ・ KiPSYプラチナコース

  • 写真撮影 ヘアーメイク付き
  • 8x10 (203x254mm) フレスコジグレープリント / 14x17インチフレーム(279x356mm)に額装
    ご希望によってプリントサイズは12x15 (約304x381mm),約A3相当まで対応
  • 納期:約10日間
  • 基本料金:200,000円(税別)

また、国際イメージコンサルタントの三好凛佳さんとのイメージコンサルティング付きプランや
出張撮影プランも別途お見積もりいたします。
お気軽にお問い合わせください。(お見積もりは無料です。)

* 従来のポートレイトとは、撮影器材等が異なるため、別の撮影となります。
他のプランとのセット割引もご用意しておりますので、詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせ・ご予約

スタジオKiPSY予約担当:斉藤までどうぞ。

Tel:03-3495-0219 お電話対応は平日 10:00~18:00(日祝休業)
撮影業務はご予約いただければ日祝対応いたします。